のぼり用アルミポールの揺れの検証
旗用→    のぼり用→ 

 

解説トップページへ

旗/のぼり/本体 共通解説

旗 専用解説

のぼり 専用解説

ポール本体と杭のサイズと重量 旗のポールセット一覧 のぼりのポールセット一覧
ポールの設置方法各種 旗とポールとのサイズバランス のぼりとポールとのサイズバランス
立て起こし作業中のビデオ映像 (杭を利用) 旗の取扱説明書 横棒カット のぼりのサイズの通知 印刷用
立て起こし作業中のビデオ映像 (地中穴利用)   強風下での揺れの検証
他社のスライド式との比較   のぼりの取扱説明書
ポールを短くできます 吹き流しのポールセット一覧
高級常設型との比較    
耐風強度と落雷    
 

現場での風による、のぼり用アルミポールの揺れをビデオ映像で検証しました

条件:ポール=のぼり用厚手 6段 10.74m物 (横棒)付 【非売の鉄杭に取り付け】
    のぼり本体=縦8000ミリ(8m)×横800ミリ(0.8m) 生地=シャークスキン

(注意:この撮影は当ショップの駐車場での実証例ですが、各現場ではこの場合とは異なる動きをすることをご承知下さい)

 

 状況1=強い風 地上風速平均1.7メートル位風速計で計測 計測の方法が正しくなかったようです

平常ではない、強い風の中で撮影しました。
最上部の揺れ巾は 約30センチでした。

◆風の直感的な強さは、映像内の下部の通常の「のぼり」のなびき方と雲の動きでご判断下さい。
横から映像を見る   手前から映像を見る   地上風速計の映像を見る


状況2=相当強い風 地上風速約3.2メートル風速計で計測 計測の方法が正しくなかったようです

相当強い風(台風接近中)の中で撮影しました。
最上部の揺れ巾は 約40センチでした。

◆風の直感的な強さは、映像内の下部の通常の「のぼり」のなびき方と雲の動きでご判断下さい。
横から映像を見る   手前から映像を見る   地上風速計の映像を見る


ユーザー様の現場でのビデオ映像です。 強めの風の中で撮影しました。
サイズは、 ポール→7.45m  のぼり→約4.5m です