簡易型ポールと常設型との比較

旗用→    のぼり用→ 

 

解説トップページへ

旗/のぼり/本体 共通解説

旗 専用解説

のぼり 専用解説

ポール本体と杭のサイズと重量 旗のポールセット一覧 のぼりのポールセット一覧
ポールの設置方法各種 旗とポールとのサイズバランス のぼりとポールとのサイズバランス
立て起こし作業中のビデオ映像 (杭を利用) 旗の取扱説明書 横棒カット のぼりのサイズの通知 印刷用
立て起こし作業中のビデオ映像 (地中穴利用)   強風下での揺れの検証
他社のスライド式との比較   のぼりの取扱説明書
ポールを短くできます 吹き流しのポールセット一覧
高級常設型との比較    
耐風強度と落雷    
商品説明
当ショップで販売している大型アルミポールは簡易設置型の商品で、数日の短期間から5年位(低負荷の条件ではさらに長期間)での連続使用に適しております。
例えば工事現場の社旗や、イベント会場のフラッグや、神社幟、寺院の吹き流しなどの掲揚にご使用いただいております。設置時に工事業者を必要としないことが特徴ですのでこのホームページ上の説明を参考に現場での作業を進めていただくようお願いいたします。なお、ただし台風などの強風下ではご使用を控えて下さい。

よくいただくご質問

社屋・工場・店舗の門・玄関先に設置される
旗用の常設型ポールとして使えないかとのご質問が多いのですが、この場合については当ショップのものより一回り肉厚があって丈夫な他社製品をおすすめしております。金額は20〜50万円位かと思います。

簡易ポールと常設型ポールの比較をご覧になって選択の参考として下さい。
規格・性能 当ショップの簡易型ポール 他社の常設型ポール
肉厚と重量 常設型と比べて薄く軽く細いですが、同類の簡易ポール製品の中では最も肉厚です。 肉厚・重量とも充分です。
耐久性(寿命) 常設型と比べて強度も耐久性も低いですが、既に9年連続で14セットののぼりを掲揚し続けた外食業店での実績があります。
(7.5m物使用、強風下では降ろしています。ポールが折れ曲がったり、亀裂などは入りませんでした)
充分なレベルです。
耐風強度 台風などの強風下では旗やのぼりは降ろしてください。本体も含めて変形することも考えられます。
風による先端の揺れ巾は大きめです。
旗やのぼりを取り付けた状態でも本体にほとんど影響はないと思われます。
風による先端の揺れ巾は小さめです。
設置作業 すでに現場に地中穴や支柱設置設営されていれば特に何も施工する必要はありません。
地中穴や支柱設置はできればエクステリア関係の業者に依頼し、垂直に又充分な強度を持たせて施工して下さい。
×設置は工事業者が必要になり、またコンクリート基礎などに固定しますので移動や撤去には相当な工事が必要でしょう。
掲揚の利便性 旗の場合は滑車・フックにより簡単に昇降できます。
 のぼりの場合はポール本体に取り付けたまま建て起こしたり、倒すようになりますが、2〜4人の人員で1時間以内に作業できる利便性があります。
本体はすでに設置されておりますので本体と連動した掲揚パーツにより簡単に行えます。
美観性 ポールの継ぎ目に少し段差があり、接合部にボルトの頭が3ミリ出っ張り、金色ですので少し目立ちます。 ほとんどの商品は下部から上部に向かって本体外径がスムーズに細くなり、継ぎ目も目立ちません。
価格 常設型と比べると15%〜20%の低価格です。また同類の簡易ポール製品と比べても充分に安価にご提供させていただいております。 ×メーカーによりますが20万円〜50万円位の価格です。そちらの施工業者にお問い合わせ下さい。

注記1:メーカー出荷から運送、当社での取り扱いは丁寧にしておりますが、些細な「衝撃、こすれ」などにより、小さなかすれたような「スリ跡」がどうしてもついてしまいます。全ての大型アルミポールがそうなっておりますので、ご了承下さい。
注記2:印刷された カタログ と メーカーの取扱説明書 はございません。なるべく丁寧に解説しておりますのでこのホームページをご覧になって下さい。