大型アルミポールのぼり用  本体・付属品
 

 

解説トップページへ

旗/のぼり/本体 共通解説

旗 専用解説

のぼり 専用解説

ポール本体と杭のサイズと重量 旗のポールセット一覧 のぼりのポールセット一覧
ポールの設置方法各種 旗とポールとのサイズバランス のぼりとポールとのサイズバランス
立て起こし作業中のビデオ映像 (杭を利用) 旗の取扱説明書 横棒カット のぼりのサイズの通知 印刷用
立て起こし作業中のビデオ映像 (地中穴利用)   強風下での揺れの検証
他社のスライド式との比較   のぼりの取扱説明書
ポールを短くできます 吹き流しのポールセット一覧
高級常設型との比較    
耐風強度と落雷    
組み立て手順です  どなたでも簡単にできます
 
付属品→回転式横棒(アルミ合金製)・取り付け用針金・取扱説明書

 5.7mは上の3本で構成されます。

7.45mは上の方から順番に4本で構成されます。
9.13mは上の方から順番に5本で構成されます。
10.74mは上の方から順番に6本で構成されます。

最大6本で構成されます。

 

大型アルミポール のぼり用 の横棒(アルミ製)



 こちらから

重たい大型のぼりをしっかり吊り上げるため360度回転するアルミ合金で作られています。
横棒の長さの「カット+穴あけ」はサービスです。 約530g

 
大型アルミポール 横棒の 本体側キャップ を上から見たところ
ステンレス被膜でアルミ製横棒を巻いて摩耗を軽減しています
 

横棒の調整

 

回転横棒をのぼりの先から約80ミリ出るように横棒をカット調整します。
また、のぼりがポール側にたくれないように回転横棒の先に固定穴を6か所40ミリ間隔で空けます。【この調整は無料サービスです】
のぼりの最大許容巾は、本体の横巾とさお通しの合計が1230ミリです。(3段5.7mタイプは980ミリです)
パイプ外形 22ミリ(中に補強が入っています)
のぼり本体とさお通し(広巾のテープ)のサイズ
をお知らせ下さい。横棒の先がのぼり本体より約80ミリ出るようにカットします。

←横棒を調整するために、
のぼり本体の横サイズ(A)
竿通しサイズ(B)をお知らせ下さい。
このカット作業
は無料サービスです。

是非ご記入お願いします。

 
大型アルミポール同士のジョイント部分

当ショップのボルト・ナットはのぼりのちちを絡みにくくするため、ボルトの頭が本体ポールからの出巾の少ない物を使用しています。(3〜4ミリ出)
そのためポールの内側で結合するように内ネジ式になっています

 

ポールの収納状態です  中入れ式でスライド収納できて、段々太くなっています



 

オプションの杭を接続した場合のポール下部の画像です  右が拡大図
 
発送するときの荷姿です  長さは全サイズとも 2100ミリ長 です