伸縮アルミポールの タワミ の検証    3〜6メートル

 
 

■伸縮アルミポールを最長に伸ばした状態で最下部を両手で支え、水平に固定してポール本体の自重だけの場合と、先端に
1キログラムの重りを取り付けた場合の『タワミ』を検証しました。
1キログラムの重りを旗のサイズで表現すると、約メートル×3メートルの大きさですが、旗の重心位置はポールの先端より下がりますので実際に取り付けた状態での旗サイズはメートル×メートルに匹敵します(薄手の木綿生地又はテトロントロピカル生地を基準)。
たわんだ状態では直後からパイプに曲がり癖が発生します。ポールを適宜反対に向けて癖をもどして下さい。